しっかりとケアしよう

子どもから大人まで多くの患者が悩んでいるとされる、アトピー性皮膚炎は、原因のわからない、かゆくてつらい皮膚病とされています。 皮膚科に通いかゆみ止めを処方されることで良くなる場合は多いようですが、症状が再発することが多く、治療と同時に症状がなるべく出ないような、原因の除去をすることが推奨されています。 アトピー性皮膚炎は、まだ解明されていない部分が多いとされていますが、なるべく皮膚の刺激にならないよう心掛けた生活で、肌を健やかに保つことが期待できるとされています。たとえば、化粧品なども低刺激のものを使用することで、肌が過敏に反応することを防ぐことができるというメリットがあります。 紫外線も刺激になることがあるため、低刺激の日焼け止めの使用が推奨されています。

アトピー肌への刺激をなるべく避けるという考えは、洗剤メーカーでも重要視されています。洗剤メーカー各社で、低刺激をうたった洗剤が販売され、それらは無香料、無着色をはじめとして、天然精油を配合していたり、石けん成分がメインだったりと、なるべく肌を刺激しないよう工夫されているものが多いようです。 昔から使われている、洗濯石鹸で衣類を洗うことも再ブームとなっているようで、余計な成分が使用されていない点が支持されているようです。 アトピー肌の人にとっては、食器洗い用洗剤も手湿疹の症状が出るなど、刺激になりやすいため、食器洗い用洗剤にも、肌が弱い人用のタイプや、石けんが主成分のものを使用することが望ましいと考えられています。