ニキビ跡の治療

ニキビ跡の治療には大きく分けて3つのタイプがあり、炭酸ガスなどを用いて皮膚組織を蒸散させる方法、肌の表面を削らずに光を照射する方法、レーザーを照射することで皮膚を再生させる方法に分かれます。 ニキビ跡の治療は、ニキビ跡ごとに適した治療が異なるため、自分のニキビ跡に合わせた治療を受ける必要があります。 レーザー治療などは、自由診療となり全額自己負担になります。また、クリニックにより料金設定も異なるため、確認しておく必要があります。 治療の種類によっては、腫れがでたりかさぶたができるため、治るまでのダウンタイムやアフターケアに日数がかかることがあります。そのため、生活スタイルに合わせて選ぶ必要があります。

ニキビ跡の種類によって適した治療法は異なるため、自分に合った方法を選ぶ必要があります。 赤みやシミなどの色素沈着タイプには、光を照射させて、皮膚の代謝をよくしたり、コラーゲンを増やす方法が適しています。治療回数が必要になりますが、ダウンタイムがほとんどなく、治療中の痛みも少ないです。 デコボコしていたり深いクレーターになっているタイプには、炭酸ガスなどを用いる蒸散タイプやレーザーを使い皮膚を再生させる方法が適しています。蒸散タイプは、硬い皮膚の組織もしっかりと取り除けるため、高い効果が期待できます。ダウンタイムが比較的必要になるため、計画をきちんとたててから施術を受けることになります。レーザーは、点状に照射することで、ダウンタイムを短くすることができます。